【猫種別】ロシアンブルーの基本&おすすめキャットフード!

c162c788-sこんにちは。キャットフードマイスターの「mika」です。

ロシアンブルーはその優雅な見た目から、ペットショップで一目見て「飼いたい!」と衝動に駆られた方も多いのではないでしょうか。小心者のロシアンブルーは警戒心が強く、凶暴化してしまう場合もあります。

今回はそんなロシアンブルーの基礎知識を踏まえ、健康維持や病気予防に最適な”おすすめキャットフード”をご紹介します。

この記事の流れは、

  1. 特徴
  2. 性格
  3. 魅力
  4. 注意点(かかりやすい病気) 
  5. おすすめキャットフード

この流れで解説していきます。すぐにおすすめキャットフードを知りたい方は以下のリンクをクリックしてください↓

⇒ おすすめのキャットフードはこちら

1.特徴

1812

ロシアンブルーの原産国はロシアかイギリスになります。18世紀頃にイギリス・北欧に渡り人気を得ますが、第二次世界大戦によって一度絶滅の危機に立たされます。

その後、アメリカやイギリスによって回復が図られ、数を増やしてきました。そのため現在では原産国がロシアかイギリスとなっています。

ロシアンブルーは名前の通り、被毛の色はブルーのみとなっています。短毛種のみとなりますが、最近では長毛種も生まれているようです。ただし、ロシアンブルーとしてまだ認可されていないみたいです。

被毛はダブルコートでシルクのような肌触りをしています。アンダーコートが密集して生えているので寒さに強い猫です。

基本情報
  • 平均体重:4kg~6kg(オス)、3kg~4kg(メス)
  • 平均寿命:12歳~14歳

2.性格

20160603154620-a4qwy_362

ロシアンブルーは飼い主に対して忠実な性格をしています。飼い主と認めた場合は献身的な愛情を見せます。

近年ブリーダーさんの努力によって改善されつつはありますが、人見知りで神経質なところがあるので、初対面の場合は警戒心から慣れるまで時間が掛かります。

性格は大人しく、無駄に鳴いたりしません。その大人しさから”ボイスレスキャット”と呼ばれるほどで、鳴き声をあげること自体も滅多にありません。

大人しい性格をしていますが運動量が豊富で、遊ぶのが大好きです。一緒に遊んであげるときは目一杯遊んでコミュニケーションをとってあげましょう。

3.魅力

photo

実際に飼われている方の評判から、代表的な5つの魅力をピックアップしました。これを見ればあなたもロシアンブルーのことが好きになるはず!

1.肌触りが良い

短毛種ですが被毛が密集して生えており、シルクのようなサラサラとした肌触りは飼い主だけでなく触った人を夢中にさせます。

2.寒さに強い

短毛種は毛が短い分、寒さに弱いように思いますが、アンダーコートに水が届かないほど密集して生えているので寒さにも強いです。

3.飼い主に従順

“犬のような性格の猫”と呼ばれるほど飼い主に対して忠実です。初心者の方でもしつけがしやすい猫種ですよ。

4.手入れが少ない

体臭や口臭がほとんどなく、被毛のケアもそこまで必要がないので手が掛かりません。飼い主としてはとても助かるポイントだと思います。

5.無駄吠えしない

ボイスレスキャットと呼ばれるほど鳴かないので、集合住宅やマンションで飼ったとしても近所迷惑にならないでしょう。

4.かかりやすい病気の原因と対処方法

4ef1e2aa3403f3174e0b786732768f4b_s

ロシアンブルーの健康を維持するためには、猫種特有の病気には気をつけないといけません。特に注意してほしい病気は以下の2つです。

  • 尿路結石
  • 肥満

これら2つの原因と対処方法を解説していきます。

尿路結石

症状はトイレに行く回数が増えたり、頻繁にトイレに行くのにオシッコが少ししか出ていない、血尿が出る等があります。

対処方法

この病気はオス猫に多く、原因は質の悪いキャットフードが多いようです。もしなってしまった場合は、動物病院に行き、療法食に切り替え抗生物質で治します。早期発見、早期治療が大切です。

肥満

食べることが大好きなので、欲しがるままに食べさせていたりするとあっという間に肥満になります。肥満になると関節や筋肉に負担がかかって関節炎やねんざのリスクが高まったりするので注意しましょう。

対処方法

普段からカロリーなどの食事管理はきちんとしておき、もし肥満を解消する場合は運動量を増やしたり食事量を調整します。

5.ロシアンブルーにおすすめのキャットフードは?

shutterstock_358973213-copy

ロシアンブルーは人気の猫種です。ただ、多くの方がロシアンブルーに本当にあったキャットフードを見つけれていません。

みなさんは一般のスーパーやドラッグストア、ペットショップ、もしくは通販でキャットフードを購入すると思いますが、何を基準に買っていますか?

品質、価格、店員さんに勧められたから、など様々な理由があると思います。でも本当に大切なのは「病気予防」です。

猫種によってそれぞれかかる病気は違います。ロシアンブルーの場合は先ほど紹介した尿路結石と肥満です。

肥満対策

飼い主の方でも猫の肥満が病気だと認識している方は少ないかもしれません。しかし、猫の肥満はさまざまな病気を引き起こす原因になります。それも人間と違って本格的なダイエットはできません。なぜなら1日に必要な栄養は決まっているからです。

単純に今食べているキャットフードの量を減らすと、必要な栄養価が取れなくなって余計に体調を壊すこともあります。だから猫のダイエットは大変で一筋縄ではいきません。

そこで重要になってくるのが、必要な栄養をしっかり摂りながらダイエットする方法です。

具体的にいうと、まず選ぶべきは低カロリーのものです。カロリーを抑えることで肥満になるリスクを減らすことができます。そして栄養価が高い「動物性たんぱく質が高い製品」を選んでください。

栄養価が高ければ今食べているキャットフードの量を減らしたとしても、1日に必要な栄養価が摂れるので問題ありません。つまり、肥満対策についての基準は「高タンパク質・低カロリー」になります。

尿路結石

尿路結石は尿のph値が酸性かアルカリ性に傾くことで結石を作ります。このph値の平均値は「7」です。これより低ければ酸性になり、高ければアルカリ性になります。

猫はもともと弱酸性で数値は「6.5」です。

まず尿路結石を対策する上で最重要なのはマグネシウムの量を減らすことです。それと、キャットフードの中にph値をコントロールできる原材料が含まれていれば最高です。

肥満と尿路結石を対策したキャットフードがおすすめ!

  • 低カロリー・高たんぱく質
  • phコントロール

この2つの条件からキャットフードを選ぶことになります。

当サイトでは様々なキャットフードを格付けしてきました。ほぼ全種類を網羅しています。もちろんあまりに評価が低いものは除外していますが…。

その中からロシアンブルーにぴったりやったキャットフードを厳選しました。それが「カナガン」です。

ロシアンブルーにおすすめは『カナガン』

main01

カナガンは、主原料に新鮮なチキンを使用し、動物性タンパク質は60%を超える優れもの。動物性たんぱく質が高ければ栄養価が高いと言われていますが、カナガンは数百種類あるキャットフードの中でも1、2を争う高栄養価フードです。

また、高栄養価のキャットフード中では、比較的標準値に近いカロリーに抑えることを実現しています。

これならいつもより食べる量を減らし、さらにカロリーも標準値に抑えることができるので、ダイエットに最適です。

次に尿路結石です。まずカナガンは尿路結石ケアのために、マグネシウムの量を低く抑えています。その数値は約0.09mgです。これは低マグネシウムと呼べる値です。

さらに、尿のph値を酸性に戻す作用があるクランベリーも配合しています。そして、アルカリ性になりやすい穀物を使用しないグレインフリー(穀物不使用)なので安心です。

一方、尿のph値が酸性になる場合も対策済みです。実は、高タンパク質な食事(100kcal中10.5~13.8g程度)は低タンパク質(100kcal中5.2~8.0g)よりもシュウ酸カルシウムの形成リスクが半分ほど低かったという研究結果があります。

さきほども説明したとおり、カナガンはタンパク質の割合が60%を越える、まさに高タンパク質フードです。

結果、カナガンはアルカリ性、酸性のどちらかに傾いたとしても正常な数値に戻すことができる数少ない製品です。

cat_matome

ロシアンブルーにおすすめのキャットフードがわかっていただけたでしょうか。

まず最優先に選ぶべきは将来愛猫が元気に暮らしていけるように、かかりやすい病気を対策したフードを選ぶことです。

ダイエットや体のケアをしない猫にとって、毎日の食事はとても大切なものです。そこをしっかり対策してあげて、ロシアンブルーにぴったり合ったものを選んであげましょう。

⇒ カナガンの詳細はこちら

 

キャットフード選びに迷った方へ

キャットフード選びに迷ったときは?

あらゆる面において優れたキャットフードを3つ厳選しました。
キャット選びに悩んでいる飼い主さんに一度試してほしいです。

【決定】おすすめキャットフード3選

愛猫にぴったり合うキャットフードが知りたいときは?

愛猫のライフステージ(年齢)や健康状態、
好みなどから最適なキャットフードがわかります。

ジャンル別おすすめキャットフード