穀物類はキャットフードに必要なし!その危険性を説明します。

topics20121228_img1

こんにちは。キャットフードマイスターの「mika」です。

猫ちゃんは、ああ見えて肉食動物って知っていましたか?

家で飼っている愛猫のかわいい姿からは想像もできないですよね。本来は小動物を捕まえて食べるのが本来の食性なんです。

そんな猫ちゃんの体に、本来食べるべき肉類ではなく、「穀物」を多く含んだキャットフードは必要なのでしょうか?

これは、愛猫の体の健康を維持していく上でとても大切なことなので、詳しく解説します。

キャットフードに穀物類は必要ない!?

Young woman thinking with blackboard

先程もご紹介しましたが、猫ちゃんは肉食動物です。本来は小動物などの肉を食べることで健康を維持しているんです。

ただし、肉類ばかり食べていてはダメです。

猫が主食とする小動物は、主に草食系の動物が多いので普段は穀物類を食べて生きています。それを食べるということは、症動物の胃の中に残っている穀物類も一緒に食べるということです。

穀物類が一切ダメであれば、猫ちゃんは体の健康を維持することができません。その小動物を食べる際に、どうしても穀物類も少しは食べてしまうからです。ただ、少量の穀物は、猫ちゃんの体に害を及ばさないし、腹持ちを良くするメリットもあります。

人間は穀物を主食としていますが、小腸が長いのできちんと消化することができます。しかし、猫は小腸が短いので消化するまでに時間がかかります。

肉類であれば4時間程度、穀物はなんと16時間も消化するのにかかるのです。

少量の穀物であれば時間をかけて消化できますが、それが多量になってくると話は変わってきます。

穀物類が危険な原材料に変わるとき

猫ちゃんが小動物を食べる際に一緒に食べてしまう穀物は本当に少ない量です。猫ちゃんにとってはそれで充分なんです。

しかし、市販の安価なキャットフードや、国産のキャットフードのラベル表示を見ればわかりますが、穀物類が主成分になっているキャットフードがほとんどです。こちらをご覧ください↓

mile

原材料は多く含まれている順に書かないといけない決まりがありますが、本来なら1番目や2番目に、肉類や魚類がこないといけません。それなのに一番初めに来ているのがコーン(穀物類)なんです。

このようなキャットフードは、近所のホームセンターやペットショップなどで普通に販売されています。

何度も言いますが、穀物類も少量であればなんともありません。逆に栄養面で重要な役割を果たしますし、腹持ちを良くするメリットもあります。

しかし、本来必要な肉類や魚類よりも多く、ある一定の量を超えてくると猫ちゃんの体に害を及ぼす危険な原材料に変わってしまうのです。

年々、病気になる猫ちゃんが増え続けている。

001neko

病気を患っている猫ちゃんは年々増えてきています。野生の時と、人間に飼われている今を比べても、明らかに今の飼われている環境の方が良いのは間違いありません。

それなのにどうして病気の猫ちゃんが増えていくのでしょうか・・・

そのことを追求していくと、キャットフードの存在が必ず出てくるのです。

穀物類を多く含んだキャットフード食べ続けていると、猫ちゃんはアレルギーになったり、尿路結石を起こしたりして、さまざまな病気を引き起こします。

001neko

【症状別】猫の病気の原因から治療・予防法/費用一覧

こんにちは。キャットフードマイスターの「mika」です。

一般社団法人ペットフード協会によると日本全国で飼われている猫は985万頭。犬は988万頭でほぼ同数に並んでい……

それでも気づかずに食べさせ続けていると、最終的には・・・。みたいなことにもなりかねないのです。しかし、誰もキャットフードが原因だと疑いもしません。

なぜなら、このキャットフードに入っている主原料の矛盾に誰も気づかないからです。

でも、この記事を見た方はもうわかったと思います。猫ちゃんの体は穀物類を多く含むキャットフードによって日に日に弱っていっています。

悲しい結果になる前に、今すぐキャットフードを見直してあげるべきだと思いますよ。

⇒ キャットフードを見直すならまずはここから

 

キャットフード選びに迷った方へ

キャットフード選びに迷ったときは?

あらゆる面において優れたキャットフードを3つ厳選しました。
キャット選びに悩んでいる飼い主さんに一度試してほしいです。

【決定】おすすめキャットフード3選

愛猫にぴったり合うキャットフードが知りたいときは?

愛猫のライフステージ(年齢)や健康状態、
好みなどから最適なキャットフードがわかります。

ジャンル別おすすめキャットフード