【発がん性物質BHA】人間には許可されていない添加物が猫の餌に…

51kansen

こんにちは。キャットフードマイスターの「mika」です。

 

キャットフードの安全性や安心度を考える際に、必ず話題になるのが「酸化防止剤や保存料」の問題です。

どんなに良いフードでも、時間がたつと体に有害な物質に変化します。

だから酸化防止剤や保存料を混ぜることで、キャットフードが腐らないように品質を保ち、利益を上げるために広く流通させ、価格を安定させることができるんです。

ただし!!!

その酸化防止剤や保存料の中には、「極めて毒性が強いもの」まで含まれていることがあります・・・。

その極めて強い毒性の1種にあたる、発がん性物質「BHA(ブチルヒドロキシアニソール)」という成分があります。

実はこの成分は・・・ヤバすぎるんです!!!

発がん性物質「DHA」とは!?

01ten

もともとガソリンの酸化防止のために合成された化学物質です。しかし、これが食品の酸化防止にも使えるということがわかり、添加物として許可されて食用油脂、バター、ヒマシ油などに使用されてきました。

ところが、このDHAは動物実験の結果で「発がん性がある」ことが確認されたんです。それ以降、一般食品に使用することは禁止されています。

「さすがにそんなものをキャットフードに入れたりしないでしょ?」こう思って安心していてはいけませんよ。

なんとキャットフードにも「BHA」は含まれていた!!

これは、某ホームセンターで販売されていたプレミアムキャットフード(高級フード)と言われる「ロイヤルカナン」のラベル表示です。

よく見てください。酸化防止剤の横に書かれていませんか?

普通に堂々と「酸化防止剤(BHA)」と書かれていますよね?つまり、このキャットフードには「発がん性物質が含まれていますよ」という表示なのです。

私は、このラベルを確認したときに「まだこんな成分を入れているんだ・・・」という印象でした。

BHAのような発がん性物質である酸化防止剤や保存料は、以前に問題になったことがあって、さすがにもうそれを混ぜているキャットフードはないと思っていました。使われていたとしても激安キャットフードのようなものだけだと思っていたんです。

それが、高級フード(プレミアムキャットフード)と言われるロイヤルカナンに使われているなんて・・・。

10b817e4a5d8df5f5824d89283c4e252_s

プレミアムキャットフードに隠された罠!高級なのは価格だけ??

こんにちは。キャットフードマイスターの「mika」です。

プレミアムキャットフード(高級フード)は猫ちゃんの体に良いのかもしれないですが、ちょっと値段が高く手が出しづ……

日本はキャットフード業界でまだまだ発展途上国

banner_article_01

これだけ「Japan made」の日本製品が良いと言われる時代などに、キャットフードはまだまだ食べ物とはいえないような粗悪なものが出回っています。

その証拠に、このような発がん性物質「BHA」のようなものが平気でラベル表示に書かれているんです。

猫ちゃんは、人間のように生理的にタフでもなく、人間の場合よりもはるかに少ない量の有害物質で悪影響を受ける可能性があります。

だから、キャットフードを買う際には必ずラベル表示を見てあげてください。少なからず、

「発がん性物質が入っていますよ」

こんな表示が書いてあるキャットフードは絶対に与えないでくださいね。

⇒ BHA以外にも絶対注意してほしい添加物はこちら

 

キャットフード選びに迷った方へ

キャットフード選びに迷ったときは?

あらゆる面において優れたキャットフードを3つ厳選しました。
キャット選びに悩んでいる飼い主さんに一度試してほしいです。

【決定】おすすめキャットフード3選

愛猫にぴったり合うキャットフードが知りたいときは?

愛猫のライフステージ(年齢)や健康状態、
好みなどから最適なキャットフードがわかります。

ジャンル別おすすめキャットフード