【閲覧注意】悲惨なレンダリング工場※キャットフードの中身を暴露!!

eturan

こんにちは。キャットフードマイスターの「mika」です。

愛猫家のみなさん、この記事はとても衝撃的な内容です。前半もショッキングな内容ですが、後半は目も背けたくなるような生の映像や、動画もあります(途中で画像や動画だけを飛ばすこともできるので、耐性がない方は控えてください。)

この記事は【閲覧注意】にしていますが、キャットフードを愛猫に与えている方には絶対に知っていただきたい事実です。

この記事を参考に、愛猫家のみなさんが今与えているキャットフードを見直すきっかけになれば幸いです。

まずキャットフード業界の実態を知る上で、この内容は避けて通れない一つです。それは、日本よりもキャットフード業界では先進国である「アメリカ」で暴露された”ある記事”の内容です↓

アメリカでは、毎年、犬や猫を含む数約万頭の死体が、他の動物の死肉と一緒に、キャットフードを含む様々な商品の”生の原料”とされている。その中には、食肉処理場で不良とされ汚染された原料、車などに轢かれた路上轢死動物、野外で死んだ動物、癌(がん)などの病気を患って死んだ動物、障害のある動物、薬漬けになった動物が含まれている。それらの動物は死体回収業者によって集められ「レンダリング工場」に運ばれる(※日本国内には141ヶ所のレンダリング工場が稼動中)。その「レンダリング工場」では、想像を絶する作業が行われている。それは、動物の死骸から油脂分を搾り取る作業である。

レンダリング工場の床には何千~何万の動物の死骸、そして“犬の死骸”までもが積み上げられている。その光景は想像を絶し、蒸し暑い室内の中でその死骸には、異常な数のハエやウジが発生している。それらを低所得者の作業員(メキシコから来た不法就労者)がブルドーザーですくい、巨大なピット(ミキサー)の中に入れる作業をしている。もちろん、凄まじい異臭に耐えれないため、顔にはマスクやバンダナを2重にも、3重にもしながら日々恐ろしい作業を繰り返している。巨大なミキサーが回転し始め、骨がボキボキ折れる音、動物の肉が引き裂かれる音、それらはまるで動物の断末魔のように聞こえ、その音が工場内に鳴り響くのである・・・

恐ろしい作業は日々「レンダリング工場」で行われている…

redarlingf

レンダリング(rendering)とは、生の動物の死骸から有効な油脂分を搾り取る工程です。出来上がった「獣脂」「肉骨粉」は、キャットフードに”生の原材料”として混ぜられます。

もちろん、キャットフードのラベルには「獣脂」と「肉骨粉」という記載はされていません。他の劣悪な原材料と一緒に加工されるため、名前がわからないように変えられてキャットフードのラベルに記載されます。その名前は、

「ミートミール、ミートボール、ミートエキス、牛肉副産物、畜産副産物、肉副産物、鶏肉副産物…etc」という表示です。

こんな恐ろしいキャットフードを私たちの愛猫は”毎日美味しく”食べているのです・・・。

アメリカでは社会問題になっている「レンダリング工場の悪臭」

demo

実際に、毎日そのような恐ろしい作業が行われているレンダリング工場は、意外と都会の近くに存在しています。もちろん工場自体は街よりも離れた郊外、田舎にあります。ある程度離れているはずなのに、その凄まじい悪臭が街を襲っているんです

「廃棄物のニオイが臭すぎる!」

ただの廃棄物を燃やしているだけの臭いであれば、そこまで問題視されないでしょう。しかし、その中身は、

  • 肉(腐った部分やガンに侵された腫瘍肉も含む)
  • 内臓(腐った部分やガンに侵された部分も含む)
  • 骨と脂肪と血液
  • くちばし
  • 膿汁
  • 糞尿

生きた廃棄物を燃やして「生の原料」を作っているため、その悪臭は凄まじいものになっているのです。この悪臭が社会問題になり、アメリカの各地では市民デモが起こるほどになっています。今現在も市民デモが行われ、全く解決する気配すらありません。

市民デモに酸化した方々はこのようなプラカードを掲げています。

「60年もの間、毎日悪臭が漂っている」

「自分の子供にこの空気を吸わせられるのか?」

実際にこのような報道もされています。

「市販のキャットフードには劣悪な原材料が混ぜられている」

このような噂が出回っていますが、それが嘘か本当かもわからない状態のままだといまいち実感がわかないと思います。

しかし、凄まじい悪臭を放ち毎日稼働しているレンダリング工場の実態を知れば、「嘘であってほしい・・・」と愛猫家の方なら心から願うことでしょう。もちろん、生産された原材料がキャットフードに混ぜられているからです。

2-2-013-02

  • あなたは、このキャットフードが何に見えますか?
  • 今までの内容を聞いて、これを毎日食べる勇気があなたにありますか?

私たちの愛する猫ちゃんは、毎日このようなキャットフードを食べているのです。これが、私たちの愛する猫ちゃんが毎日おいしそうに食べている「劣悪なキャットフードの中身」です。

そんな恐ろしいレンダリング工場の”生の映像”があります。

愛猫家の方には目を背けず見て頂きたい「レンダリング工場」の数々の映像。

release-anxiety1

出来るだけ目を背けず見て頂きたいとは思いますが、あまりにショッキングな画像や映像が含まれているので、苦手な方は下のリンクをクリックして飛ばしてください↓

⇒ 苦手な方はこちらをクリック(スキップできます)

ではいきます。

【閲覧注意】実際にレンダリング工場に潜入してみよう!

これが実際に、粗悪なキャットフードの原材料が生産されている「レンダリング工場」を外から撮影した画像です。

毎日ここで目を背けたくなるような恐ろしい作業が行われています。

20130808-181524-pic-420382660

レンダリング工場は、一見どこにでもある普通の工場です。レンダリング工場も様々なものがあり、上の画像のように比較的新しい建物もあれば、明らかにヤバそうな工場もあります。

なぜなら↓の画像もレンダリング工場だからです。

Bone_Rendering_plant_in_Bourne_-_geograph.org.uk_-_145628

町工場のような感じですよね。悪臭が出るのはわかっているはずなのに、全く対策されていないような施設です。今は売り物件になっているようですが、一体ここでどのような作業が毎日行われていたのでしょうか・・・。

rothsay-rendering-plant

画像を見る限りでも、都会からはかなり離れた位置に施設はあります。それなのに「悪臭が毎日街を襲う!」と市民デモが起こるぐらいの臭いとはどれだけのものなのでしょうか。想像も絶するような臭いには間違いないでしょう。

truck

毎日レンダリング工場には、このような大きなトラックに数百頭もの動物の死骸が積み込まれ、運ばれてきます。もしかしたら、運び込まれる途中で路上で死んだ動物を見つけたら、それも一緒に入れられているのかもしれません。

【超閲覧注意】ここからは工場内部に潜入してみましょう[動画あり]

ここから超閲覧注意です。実際にレンダリング工場の内部で行われている作業風景や、動画もあります。これらは全て現実に行われてることです。私たちの愛猫が食べているキャットフードの現実を理解するために、しっかり見て頂きたい映像です(※見えづらい画像がありますがご了承ください)

※まず見て頂きたいのがこの動画です↓

作業員たちは当たり前のように、そして平然とこの作業を繰り返しています。ここで雇われているのは、メキシコから来た不法就労者が多く、賃金を稼ぐ手段がなくてこのような悲惨な仕事をするしかないみたいです。確かに、普通に求人を出しても誰もやりたがらない仕事ですよね。

renderling

まるで生ゴミを扱うように、犬や猫の死体がドラム缶に詰め込まれています。この中には、車に轢かれて死んだもの、薬漬けになって死んだもの、病気を患って死んだものまで関係なく詰め込まれています。

まだこれはマシな保存状態かもしれません。

__8272635_orig

こんな状態で運び込まれることがほとんどです。ちなみに死骸以外のゴミ袋やそれ以外のものも、分別されることはありません。扱いは全て同じです。

__8003780

もうどの動物の死骸なのかもわからないぐらいグチャグチャになっていますね。一体、この状態でいつまで放置されるのでしょうか…

401772_253293121476804_39339260_n

まさに今から作業が行われる状態です。せめて意識がない状態であることを願います。

rendering-auger-animals-450

これは比較的ミキサーが小さいので小動物用だと思います。たぶんそこには私たちが飼っている猫も含まれているでしょう。

sagyo死骸はないのに、ゾッとするような映像です。

saigo

これが生の原料になる直前の映像です。今までの死骸の数々がミキサーにかけられて混ぜられます。「とりあえず混ぜちゃえ!」みたいな感じでしょうか…

eee

02dog-food

あれっ!?

こんな美味しそうなキャットフードに早変わりしちゃった!!!

・・・なんて呑気なことをやってる場合ではないですが、これがキャットフードの原料が出来るまでの一部始終です。

これを見ればわかりますが、粗悪なキャットフードの中には、飼い主が想像できないような作業の末に生産された原料が含まれているのです。

「まさか日本でこんな悲惨なことしていないよね・・・?」

愛猫家の不安が現実となる「ある事件」が日本で起こりました。

taiho

これは毎日新聞に掲載された記事です。

この記事をあなたはどう受け止めますか?

徳島市、鳴門市、佐那河内村が、路上などで死んだ犬猫の死がいの処理を一般廃棄物処理の認可のない徳島市内の肉骨粉加工業者に委託していた問題で、県は21日開かれた県議会同和・人権・環境対策特別委で、廃棄物処理を適正に行う責任者として陳謝し、同3市村が既にこの業者への委託を中止したことを報告した。
【鈴木健太郎】
ここで注目すべきは、市が犬猫の死骸をどのような業者に委託しているのかです。

車で走っているとたまに路上で死んだ動物を見ると思います。でも次にそこを走ったときにはキレイになくなっていますよね。その死骸を処理するために市は「肉骨粉加工業者」というところにお願いしているのです。

この「肉骨粉加工業者」というのは、死んだ家畜や屠殺・安楽死された動物をリサイクルして販売している業者です。

では、一体動物の死骸を誰に販売しているのでしょうか?

black-cat-3235x2157_41774

この記事がどういう意味をもっているのか、うすうす勘付いている方もいるかもしれません。

そうなのです。

犬や猫をリサイクルして販売しているというのは、この「肉骨粉加工業者」はレンダリング工場と同じことをしているんです。この業者は死んだ動物たちをレンダリング工場でリサイクルし、原材料としてキャットフードメーカに販売して利益を得ています。

これが問題になるまではこのような「闇」の部分は全く「表」に出てきませんでした。みんな、

「動物の死骸を誰かが片づけてくれて、またキレイな道路に戻った」

こんな程度でしか考えていないと思います。それは当然のことですし、深く考える方はほとんどいません。

これは氷山の一角だと思います・・・

akutoku

たまたまこの事件は世間の明るみに出ただけで、このような事例が1件であるはずがありません。さらにこの「肉骨粉加工業者」もこの業者だけではないはずです。全国に数えきれない業者があるのでしょう。

なぜなら、全国の道路で死んだ動物の死骸を片付けなくてはいけないからです。

最近は世界でも日本製の商品(Japan Made)のものが高品質と言われて、注目を浴びています。ですが、日本で作られたキャットフードといえど決して安全ではありません。

車で道路を走っているときに、路上で死んだ動物を見て、

「うわっ!?かわいそう・・・」

このように思って見ていた動物の死骸を、あなたの愛猫が食べているかもしれないのです…

もう一度、愛猫家の方に質問します。

normal「あなたにこのようなキャットフードを食べる勇気はありますか?」

私は絶対に食べたくありません。それはあなたの愛猫も同じだと思います。

しかし、愛猫に選択する自由はありません。毎日そのようなキャットフードを出されれば食べるしかないのです。たとえそれが、自分と同類の猫が含まれた食べ物だとしても・・・。

キャットフードを見直すきっかけになれば幸いです。

95c7f32bb009184368ea1251dc4fd617_s

これが私たちの大切な家族の一員である愛猫が、毎日食べているキャットフードの中身です。飼い主として信じたくはありませんが、嘘や偽りなく、これが真実です。

これを見てもまだ市販の安価なキャットフードを食べさせたいと思いますか?

もちろん全てのキャットフードがこのような劣悪な品質ではありません。猫の体の健康を考えた安全なものもあります。ただ、残念ながら市場には劣悪なキャットフードがたくさん出回っているのが現状です。

最近は、犬を飼う家庭よりも、猫を飼う家庭の方が多くなるほど「猫ブーム」です。そんな猫ちゃんの約半数「5割」以上が何かしらの病気にかかっていると言われています。

明らかに野生の環境より、人間に飼われる環境の方が優れているはずなのに、病気になる猫が増え続けるのはどうしてなのでしょうか・・・。

その背景には必ずキャットフードの問題があります。だから、病気になって動物病院に連れて行ったときに獣医の先生に真っ先に言われることは、

「キャットフードを替えてください!」

ということなのです。

家族の一員である愛猫を愛するみなさんへ

3

  • 今愛猫に与えているキャットフードは、本当に安心して食べられるものですか?
  • しっかり内容表示を確認して、これは安全だといいきれますか?
  • あなたが猫なら、食べたいと思うキャットフードですか?

この記事を読んで、今与えているキャットフードに少しでも不安を感じたなら、思い切って見直すことも考えてみてください。あなたのその決断が、間違いなく愛猫の健康に繋がると思います。

当サイトでは全部で百種類近くあるキャットフードをすべて調査しました。

  • 原材料&成分
  • 安全性
  • 価格
  • 口コミや評判

様々な観点からキャットフードを評価し、格付け評価しています。本当に安全なものを選んでいただきたいので、かなり辛口で評価しています↓

009mv

【全86種掲載】キャットフード『格付け』一覧を一挙公開!!

こんにちは。キャットフードマイスターの「mika」です。

当サイトでは、市販のものから通販限定のキャットフードまで、様々な製品を調査した上で格付け評価してきました。今……

この記事がキャットフードを見直すきっかけになり、愛猫と飼い主のあなたが共に喜ぶキャットフードに出会えることを切に願っています。

 

キャットフード選びに迷った方へ

キャットフード選びに迷ったときは?

あらゆる面において優れたキャットフードを3つ厳選しました。
キャット選びに悩んでいる飼い主さんに一度試してほしいです。

【決定】おすすめキャットフード3選

愛猫にぴったり合うキャットフードが知りたいときは?

愛猫のライフステージ(年齢)や健康状態、
好みなどから最適なキャットフードがわかります。

ジャンル別おすすめキャットフード