【全86種掲載】キャットフード『格付け』一覧を一挙公開!!

こんにちは。キャットフードマイスターの「mika」です。

当サイトでは、市販のものから通販限定のキャットフードまで、様々な製品を調査した上で格付け評価してきました。今回はそれら全てをまとめて一覧表にしました。

これを見れば、キャットフードの品質が一目でわかるようになっています。

「どんなキャットフードが良いのかわからない…」「安全で安心できるキャットフードが知りたい!」という方の参考になれば幸いです。

格付け評価の基準について

キャットフードの基本的な中身(原材料・成分)を徹底的に分析し、格付け評価しています。その評価基準はこちらです↓

【S】  全てにおいて文句の付け所がないキャットフード。「安全性・栄養バランス・コスパ(価格)・愛猫家からの評判」全てがワンランク上の製品。
【A】
猫の健康のことを考えて作られた優良フード。実際に愛用している方からの評判も高く、コスパも抜群!
【B】
安全性においては基準を基準を満たすキャットフード。ただ「価格が高い」「好みが分かれる」など「あと一歩!」の部分も。
【C】
可もなく不可もなし。同価格帯で良質なキャットフードがある中、あえて購入するにはもったいない製品。
【D】
愛猫の健康のことを考えるとおススメできない。低価格帯のものが多く、その分、低品質な製品が多い。
【E】
これだけは絶対に与えてほしくないキャットフード。低品質な原材料が混ぜられているものが多く、もはや食べ物とは言えない品質・・・。

キャットフードを格付け評価する上で、私がチェックしたポイントは以下の5つです。

1.原材料の安全性(人口添加物など)

2.アレルギー

3.価格(コスパ)

4.食いつき

5.口コミや評判(実際に愛用している飼い主さんの生の声)

キャットフードの中身だけでなく、この「5つのポイント」を徹底検証した上で、総合力でキャットフードを格付けしています。(※下にいくごとに評価が低くなります。)

格付け評価【S】どれ選んでも間違いなし!!

モグニャン
モグニャン」は獣肉に比べてアレルギーを引き起こしにくい白身魚(スケトウダラ)を主原料に使ったスペシャルフードです。白身魚は魚類のなかでも高級で最もキャットフードに適した原料です。白身魚のメリットはアレルギー対策だけではなく、赤ちゃんの離乳食として使われるほどの安全性、優れた消化吸収性もあります。栄養価は高く、脂肪分は控えめになっているので、育ち盛りの子猫や活発な成猫以外にも、老猫や肥満猫など全ライフステージに対応しています。そんな白身魚を63%も配合した贅沢な内容になっているので、食欲増進にも期待できます。実際に口コミでも多くの人が「食いつきの良さ」について書いていました。また、消化不良やアレルギーを引き起こしやすい穀物を使用してないので、お腹の弱い猫にも安心して食べさせることができます。他の製品と比較しても、モグニャンは健康維持と食いつきを両立させた「ワンランク上のペットフード」だと言えます。愛猫に”健康で長生きしてほしい”と願う全ての飼い主さんに一度は試していただきたいイチオシ商品です。
詳しくはこちら
カナガン
「カナガン」は添加物、穀物は一切使わず、新鮮なチキンをたっぷり使ったプレミアムキャットフードです。チキンは猫にとって最も必要な栄養素”動物性タンパク質”が豊富に含まれています。動物性タンパク質は猫の筋肉や臓器を作る役割があるので、成猫はもちろん、成長期の子猫にもおすすめです。カナガンはそんなチキンの配合量が60%以上(乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%)という優れもの。栄養価が高い製品で30%前後なので、どれだけカナガンの栄養価が高いかわかっていただけるはずです。また、消化吸収に悪い穀類も一切使用していないので、子猫~老猫まで全ライフステージに対応しています。くわえて、添加物も一切使用しない無添加フードなので、飼い主の方も安心して愛猫に与えられます。カナガンは猫の体を傷つけるような危険な原材料は一切使わず、「栄養素&病気対策&安全性」の3つを兼ね備えたスーパーフードです。キャットフード選びに迷っている飼い主さんには、ぜひ一度試していただきたい逸品です。
詳しくはこちら
シンプリー
「シンプリー」は全世界で100万袋も売り上げた、世界的に人気のキャットフードです。主原料には鶏や牛などの獣肉は使わず、サーモンやニシン、マスと3種類の魚が使われています。これら3種類の魚の割合はフード全体の73%を占めているので、猫にとって大切なエネルギー源であるタンパク質をたくさん摂ることができます。また、獣肉に比べて魚はアレルギー発症の可能性が低いので、食物アレルギーに悩んでいる猫にも安心して食べさせられます。猫は人や犬と違って完全な肉食動物のため腸が短く、動物から摂れるタンパク質の吸収が必須です。以前のシンプリーは消化不良を起こしやすい穀物を使用していましたが、改良され穀物不使用(グレインフリー)になり、胃腸が弱い猫でも食べさせることができます。いずれ胃腸が弱い猫なら食欲も落ちてきますが、豊富な魚の使用によって香り豊かになっているので食いつきも落ちません。ここまでの内容からわかるとおり、シンプリーは猫の体にとても優しい作りになっています。愛猫の将来の健康維持だけでなく、体調を崩して食欲が落ちてきている猫にも試して頂きたいキャットフードです。
詳しくはこちら
ファインペッツ
「ファインペッツ」は世界最高品質と安心安全の2つに徹底してこだわって作られたキャットフードです。猫が本当に必要としている栄養を詰め込んでいるため、ファインペッツは状況別にあわせた他の種類がなく、1種類のみで全ての猫種、年齢に対応しています。与えるのも愛猫の体重にあわせてエサの量を調節してあげるだけなので簡単です。種類が一つしかないメリットは”フードの切り替え”をしなくてもいいことです。フードの切り替えを行った方なら分かると思いますが、切り替えって大変ですよね。一気に変えてしまうと猫の腸内は驚いてしまい、下痢や嘔吐の原因になりかねません。そのため時間をかけて替える必要があります。その場合、年齢別、症状別など細かく分かれていると大変です。なぜなら切り替えが一回で済まないからです。その点、ファインペッツなら全年齢対応となっているので、一度切り替えてしまえば今後病気にならない限りは替える必要はありません。ファインペッツはアレルギーを引き起こしにくい「アヒル肉」を初め、ニシン肉など高品質な原料が使われています。また、消化吸収性にも優れているので下痢やおう吐の心配もありません。そのため、安心して愛犬に与えることができます。たくさん種類があってフード選びに迷っている方は特におすすめです。今なら1000円でお試し購入もできるのでお得ですよ。詳しくはこちら

格付け評価【A】

製品名 格付け評価
アーテミス(オソピュア) Aランク
アーテミス(フレッシュミックス) Aランク
アカナ Aランク
オリジン Aランク
ジャガー Aランク
ナウフレッシュ Aランク

格付け評価【B】

製品名 格付け評価
アーガイルディッシュ Bランク
アディクション Bランク
アボダーム Bランク
オープンベイクド Bランク
カントリーロード Bランク
クプレラ Bランク
ジウィピーク Bランク
ソリッドゴールド Bランク
ティンバーウルフ Bランク
ナチュラリーフレッシュ Bランク
ナチュラルチョイス Bランク
ナチュラルバランス Bランク
バイネイチャー(※販売終了) Bランク
フィーラインナチュラル Bランク
フィッシュ4キャット Bランク
フリントリバーランチ(※販売終了) Bランク
ホリスティックブレンド(※販売終了) Bランク
ホリスティックレセピー Bランク
ヤラー Bランク
ロータス Bランク
ワイソン Bランク
FORZA10 Bランク
go!(ゴー) Bランク

格付け評価【C】

ハッピーキャット
「ハッピーキャット」は世界で60ヶ国以上に愛されているドイツ生まれのプレミアムフードです。体全体の健康を考えているだけあって体重や尿路結石、毛玉ケアといった猫に多く見られるトラブルを回避できるようになっています。健康な体重を維持するために、脂肪を付きにくくするため脂肪分を8.5%にまで抑えられています。また、痩せるときに栄養不足になってしまわないようにビタミンやミネラルなどの栄養素を補えるようになっています。尿路結石の原因となりやすいカルシウムなどの量を調節するのではなく、尿の数値をバランスよくすることでカルシウムもしっかりと摂りつつ尿路結石を予防します。毛玉ケアとして食物繊維を配合することで、胃の毛玉を排出します。体重ケアや尿路結石の予防には期待できるのですが、残念ながら消化不良の原因になりうる穀物が使われていました。穀物さえなければ4ツ星評価でもおかしくない内容だけに、少し残念です。
詳しくはこちら
ピュリナワン
「ピュリナワン」は猫の健康を第一に考え、さらに食べる喜びも考えてプラスされた製品です。健康面では「毛玉ケア・便臭軽減・体重管理・尿路結石」の4つに対して配慮しています。毛玉ケアとして食物繊維を配合することによって、胃の中の毛玉を便と一緒に排泄します。次に便臭を軽減するためにオリゴ糖が配合されています。オリゴ糖を摂ることによって腸内環境が整えられて便臭を軽減します。体重管理は、運動量が少ない室内猫のことを考えて、太らない低カロリー設計となっています。マグネシウムが原因で作られるストルバイト尿石を予防するために、マグネシウムの含有量を調節しています。ピュリナワンはこのように健康を考えて作られています。さらに食いつきを良くするためにターキーを主原料に使っています。ただ、残念なことに原材料には「米・コーン・小麦粉」と、穀類のなかでもアレルギーを特に引き起こしやすいものが3つ使われていました。残念なポイントもありますが、ピュリナワンは”市販フード”の中なら上位に入るので市販フードを探している方は一度試してみてはいかがですか。
詳しくはこちら
ファーストチョイス
「ファーストチョイス」は獣医師が猫の健康をサポートするために開発したキャットフードです。美味しい鶏肉とサーモンを使用することによって、好き嫌いが激しい猫でも食べられるようになっています。ファーストチョイスは、ただ食べてもらうだけでなく、体全体の健康と猫がなりやすい病気も考慮して作っています。体全体の健康を維持するために、タウリンやビタミンAなどの栄養素が豊富に含まれるサーモン油や、抗酸化成分のリコピンを含んだトマト、ビタミンC・Eなどが配合されています。抗酸化成分によって猫の身体は本来持っている免疫力を取り戻し、病気に対して強い抵抗力を発揮します。ここまでの内容は評価できます。ただ、鶏肉は主原料に使用されているのに対してサーモンの配合量は多くありません。実際の配合量はサーモンよりも3種類の穀物が多かったです。サーモンをメインに考えている飼い主さんからすると配合量が少ないので、どれだけ味を楽しめるかわかりません。内容が良かったので、少し残念です。
詳しくはこちら
プリスクリプションダイエット(c/d)
「プリスクリプションダイエット(c/d)」は食事管理することで病気の治療を目的とした食事療法食です。水とフードだけで1日に必要とする栄養素を満たすことができる総合栄養食ではないので注意してください。プリスクリプションダイエット(C/D)は猫に多い下部尿路のトラブル改善を目的としています。オス猫が「一生に一度はなる」と言われている”尿路結石”に配慮されています。尿路結石を形成する原因となる「マグネシウム・リン・カルシウム」の3つの量を調節することによって形成しにくくなります。また、尿路結石は再発率も高いのですが予防にも期待できます。猫はトイレが汚いなどのストレスからおしっこを我慢します。その結果、膀胱炎(ぼうこうえん)になってしまうこともあります。膀胱炎による炎症を防ぐためにオメガ3脂肪酸が配合されています。猫に多い下部尿路のトラブルを改善するために配慮されているのは助かりますが、残念なことに原材料の中に消化が難しい「米」を使用していました。それも主原料として配合しているので割合も多いかと思われます。下部尿路の病気に悩んでいるなら試してみてもいいかもしれませんが、健康な猫なら向いていないかもしれません。
詳しくはこちら
プリスクリプションダイエット(i/d)
「プリスクリプションダイエット(i/d)」は臨床栄養学に基づいて、病気の猫の食事を管理します。プリスクリプションダイエットは皮膚病や肥満、糖尿病など色々な症状にあわせて販売されています。その中で今回は、消化器症状の改善を目的とした製品を格付けしました。下痢や嘔吐などの消化器症状を改善するために「水に溶けやすい食物繊維」と「水に溶けにくい食物繊維」を混ぜた食物繊維を配合しています。食物繊維を食べることによって腸内環境が整えられ、消化管の負担が減ります。また、胃腸が弱っていても吸収しやすい栄養素を配合しているので栄養不足の心配はありません。一見、お腹に優しい設計に見えますが、穀物がたくさん使用されていました。穀物に含まれる食物繊維は上記で説明したとおり、腸内環境を整えてくれますが、それはあくまで少量だった場合の話です。食べ過ぎると反対に便秘などの病気になる可能性もあるので、食べ過ぎには注意が必要かもしれません。
詳しくはこちら
プロプラン
「プロプラン」は愛猫が健康で長生きできるように良質な素材を使った商品です。ただ良質なだけではなく、長生きのために健康に良いと科学的に証明された原材料と栄養素が使われています。腸内環境を整えるプレバイオティクスを配合することによって、お腹の体調を崩しやすい猫に優しい設計です。また、プレバイオティクスは便臭を軽減してくれる働きがあります。お腹への配慮として他にも食物繊維が配合されています。食物繊維は胃腸の働きをサポートし、お腹に溜まる毛玉の排出をサポートしてくれます。プロプランの一番の特徴は腎臓の健康維持ですが、公式サイトでは「独自のレシピ」だけの説明内容でした。説明としては少し不十分です。一応パッケージには「抗酸化物質、アルギニン、オメガ脂肪酸の配合」と書かれているのですが、分かりづらいので公式サイトにもしっかり明記すべきです。猫に配慮された設計ですが、安心して与えるために情報量を増やしてほしいところです。
詳しくはこちら
ボジータ
「ボジータ」とは100年以上ペットフードを開発してきた歴史あるスウェーデンの会社が販売しているフードです。新鮮で美味しく消化吸収に優れたスウェーデン産の鶏を使うことによって、栄養面や食いつき共に評価できます。健康面では猫が病気になりやすい腎臓と下部尿路への配慮として、ミネラルのバランスを調整することによって負担を減らしています。また、日本の猫は室内飼いが多く肥満の猫が増えてきているので、肥満にならないように脂肪燃焼を促進するカルニチンを配合しているのも助かります。しかし、アレルギー対策ができていませんでした。原材料の中に「トウモロコシグルテン」が使われています。この”グルテン”はアレルギーを引き起こす原因になり、肉食の猫に与えるのはよくありません。鶏を主原料に体型や腎臓、下部尿路への対策は評価できますが、穀類の対応が不十分でした。
詳しくはこちら
ANF
「ANF」とはペットフード先進国アメリカで50年以上も販売されてきたフードです。健康維持のために最高品質の原材料を使い、自然成分を贅沢に配合しています。三大栄養素の一つで猫が最も必要とする”たんぱく質”は、鶏肉や卵、魚の3種類から摂ることができます。適切な量のたんぱく質を摂ることで、ダイエットをせずに適度な運動だけで自然と適正体重を維持できます。猫に多いトラブル「尿路結石」の対策として、結石の原因となるカルシウムとマグネシウムの含有量を少なくしています。本当にダイエットができるのか栄養成分を確認してみたところ、カロリーは381カロリーと少し高めで、脂質も20%以上と高めになっていました。健康的な体型をした成猫だと、運動を適度にしていれば太ることはありません。しかし、肥満の状態でこのフードを食べても痩せれそうにありません。もし食べさせるのであれば、痩せるためにそれなりの運動が必要になるでしょう。そうすると、「ANF」で肥満猫のダイエットをするのは難しいですね。
詳しくはこちら
C&R
「C&R」とはSGJプロダクツという名前のキャットフードをリニューアルした商品です。猫が野生だったときの食事になるべく近づけた自然食となっています。自然食だけあって、添加物は一切使われていません。また主原料のラム肉は、無添加の飼料を食べて育った羊を使うなど、無添加に対するこだわりがあります。さらに、添加物だけではなく安全性の高いオーガニック(無農薬)の油を使っています。猫の安全性に配慮した結果、全種類、全年齢対応できています。本来ならフードは愛猫の年齢、種類ごとに切り替えなければいけないのですが、全て対応しているのでわざわざ切り替える必要もありません。無添加やオーガニックと安全性に配慮されているようでしたが、原材料を確認してみると猫の苦手な穀物が多めに使われていました。アレルギーを引き起こす原因である”グルテン”を含んだ穀物ではありませんが、消化不良を起こす可能性があります。安全性に配慮できている分、余計に穀物の使用が残念に思えます。
詳しくはこちら
製品名 格付け評価
アズミラ Cランク
アニモンダ Cランク
アルモネイチャー Cランク
カリフォルニアナチュラル(※販売終了) Cランク
カークランド Cランク
ザナベレ Cランク
日本のみのり Cランク

格付け評価【D】

アボダーム
「アボダーム」は世界一栄養価が高い果物としてギネス認定されたアボカドを使った珍しい製品です。アボダームは植物性の総合栄養食として販売され、活動猫と成猫におすすめをしています。キャットフードでは珍しいアボカドのミールとオイルを配合することによって、皮膚被毛の健康を保ちます。また、下部尿路疾患の原因となるマグネシウムの含有量を少なくしています。一番の特徴であるアボカドは人間が食べる分には栄養価が高いのですが、猫が食べると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。すぐに症状が出るわけではなく、下痢や嘔吐などの症状を発症し、胃や腸を炎症するといわれています。最悪の場合はそのまま中毒症状になり、命を落としたという例もある果物です。もちろん、食べて死ぬようなアボカドが使われていたら大問題なので使われていないと思いますが、そのような例もあると事前に理解しておきましょう。
詳しくはこちら
グリーンフィッシュ
「グリーンフィッシュ」はイタリアで生まれた商品です。天然の魚を使ったヘルシーフードで、年齢と猫種に関係なく食べさせてあげることができます。胃の働きを強化するビール酵母の配合や、肝臓に良いとされるタウリンやミルクシスルの配合によって働きをサポートします。そのヘルシーさからイタリアの獣医師も推奨するほどです。良いところはたくさんあるのですが、残念なところが”2つ”ありました。1つ目は「対象年齢」です。紹介では「年齢に関係なく与えられる」と表記されているのに、切り替え方法では「あらゆる成猫に」と書かれており、これではどちらが正しいのか分かりません。2つ目は「魚の種類」です。猫はグルメなので味の好みも違ってきます。グリーンフィッシュは季節によって魚の種類が変わるので、現段階でどれが使われているのかを毎回販売元に問い合わせなくてはいけません。嫌いな魚が使われているときに購入するのはもったいないですし、毎回原材料の問い合わせをするのも手間がかかります。魚全般が好きな猫なら、むしろ味が変わって飽きが来ないメリットはあります。獣医師がこのフードを推奨していますが、上記のようなデメリットがあることは知っておいてください。
詳しくはこちら
サイエンスダイエット
「サイエンスダイエット」は100人を超える獣医師と栄養学者が共同で開発することによって誕生したフードです。今回、格付け評価したのはサイエンスダイエットの室内猫用となっています。猫が好む味を独自の配合レシピによって実現し、食いつきをよくしています。室内飼いの猫は運動不足になりやすく、肥満になる猫が多くなっています。サイエンスダイエットはそんな肥満になりやすい室内猫に配慮して、低カロリーで、すぐに空腹にならないようにするなどの工夫が施されています。原料にはどのようなものが使われているのか確認してみたところ、低品質な油として有名な動物性油脂が使われていました。動物性油脂は、動物の種類が分からず、品質が良いのか悪いのか分かりません。病死、事故死、薬漬けなどで死んだ動物の油を使っている話もあるほどです。それだけではなく「使い古している」「腐っている」などの噂もあるので、できれば避けたいところです。低品質な油を摂取しているとアレルギーや下痢を引き起こす可能性もあるので、できるかぎり避けるほうがいいでしょう。
詳しくはこちら
サイエンスダイエットプロ
「サイエンスダイエットプロ」は「愛猫の健康を実感できた」と95%の飼い主さんが答えたほど高評価の商品となっています。原材料は、消化性に優れた高品質なものを使用しています。また、骨や歯、筋肉、被毛などの健康を維持するたんぱく質やミネラル、オメガ脂肪酸など必須の栄養素もたくさん入っています。たんぱく質やミネラルなどの栄養素はたくさん入っていても、きちんと消化吸収ができなければ意味はありません。そのため、消化性に優れた原材料と相性が良いといえます。しかし、残念なことにサイエンスダイエットプロの主原料には、消化性の悪い小麦を使われていました。猫は完全肉食動物のため、小麦などの穀類の消化を得意としていません。仮に消化性に優れた小麦を使っていても、猫にとって苦手なものにかわりません。食べ過ぎるとお腹に詰まって便秘の原因にもなったりします。また、小麦は穀類の中でもアレルギーを発症しやすいので注意が必要です。価格は2443円(1.5kg)と、キャットフードの中では平均的な価格になっています。しかしながら、原材料の内容を考えると少し高いように感じます。この価格にするなら、せめて肉類を主原料に使ってほしいところです。
詳しくはこちら
セレクトバランス
「セレクトバランス」は日本で暮らす愛猫の要望に応え、作り出されたフードです。生後1才以上が必要とする栄養素をバランスよく配合し、様々な角度から健康をサポートします。胃と腸が小さい猫でも負担がかからないように消化でき、栄養がしっかり吸収できるように作られています。また、お腹の調子を整える働きがあるオリゴ糖が配合されているので健康的な便を出すことができます。さらに、食物繊維を配合することによって体内で毛玉が溜まるのを防ぎ、便通を改善することにも期待ができます。猫はストレスによってお腹の調子が悪くなったりするので、お腹に負担がかからないように作られているのは評価できます。しかし、実際に原材料を確認してみると主原料はチキンですが、その後に米やとうもろこし、ビートパルプといった消化するのに時間のかかる原料がたくさん使われていました。これらには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は毛玉対策に有効ですが、それはあくまで”少量”だった場合です。猫は肉食動物のため、肉の消化を得意としています。そのため腸の作りが短くなっています。消化に時間のかかる食物繊維をたくさん食べると消化しきれず、便秘または下痢の原因になるかもしれません。猫の健康を考えるなら、もう少し食物繊維の量を減らすなどの工夫が必要です。
詳しくはこちら
ドクターズケア
「ドクターズケア」は獣医師も推奨している動物病院専用療法食です。尿路結石の1種である”ストルバイト尿石”に配慮したフードとなっています。ストルバイト尿石はマグネシウムが原因で形成されます。そのため、ドクターズケアはマグネシウムの含有量を調整しています。下部尿路の健康維持として、健康的な尿を生成し、適切な量がでるように栄養面からサポートしています。猫のトラブルで最も多いのは尿路結石だといわれているので配慮されているのは助かります。また、しっかりと食べてもらえるように旨みを閉じ込める独自のコーティング技術が使われています。しかし、原材料を確認するとコーングルテンミールやトウモロコシが主原料に使われていました。コーングルテンミールとはトウモロコシからデンプンや胚芽などを取ったあとの残りカスのようなものです。ほとんど栄養はなく、完全肉食の猫にとって必要だとはいえません。また、トウモロコシはアレルギーを引き起こしやすいので、アレルギーのある猫に与える場合は注意してくださいね。
詳しくはこちら
ビューティープロ
「ビューティープロ」は獣医が監修し、体調と毛並みを良くするために開発されたフードです。ビューティープロは名前のとおり美しい体型を維持するために、吸収率の良いたんぱく質は多く、肥満の原因となる脂肪分は控えめになっています。日本は外で飼うよりも室内飼いが多いため、運動不足になっている猫がたくさんいます。それを踏まえてビューティープロは脂肪分が控えめになっているので、太る心配もなく評価できます。肥満になってしまうと見た目は可愛らしいのですが、健康にはよくありません。肥満になることで関節や筋肉に負担がかかり、捻挫やヘルニアになってしまいます。また、それ以外にも心臓や呼吸器にも負担がかかる可能性があります。これらに負担がかかると心不全や呼吸器不全など命にも関わります。そのため、肥満対策されているのは安心です。ここまでは評価できるのですが、残念なことに品質の低い原材料が使われていました。使われているのはトウモロコシやコーングルテンミール、牛肉粉、チキンミールとキャットフードに適していないものばかりです。品質の低い原材料は食べてもすぐに影響はでません。気づいたときにはアレルギーや下痢になっていることがほとんどです。肥満対策だけでは少し心細い印象です。
詳しくはこちら
ミャウミャウ
「ミャウミャウ」は体の健康維持だけではなく、心の健康維持までできる製品です。心の健康維持とは、キャットフードの食感を”食べごたえのあるカリカリ”にすることで、ストレスが発散できるようになります。猫はストレスが溜まりやすく外部の影響を受けやすい動物なので、ここは評価できます。ミャウミャウには、”a-iペプチド”と呼ばれる販売会社のアイシアと獣医学の教授が共同開発した成分が配合されています。a-iペプチドはたんぱく質よりも消化吸収性に優れ、食いつきもよくなります。その結果、体に負担なく食事ができます。また、健康維持のために食事かサプリメントでしか摂取できない必須栄養素のタウリンが配合されています。タウリンは体内では生成できない栄養素の一つで、目や心臓の健康を維持する働きがあります。このように健康に配慮しているように思えますが、残念なことに主原料にはトウモロコシや小麦粉など、肉食の猫に相応しくないものが使われていました。ミャウミャウは消化吸収に配慮しているそうですが、主原料の穀類は消化に時間がかかるので猫の食事には向いていないのかもしれません。
詳しくはこちら
メディファス
「メディファス」は尿路結石に配慮して作られたプレミアムフードです。尿路結石は猫のトラブルで最も多く、オス猫は一生に一度は発症するといわれるほどです。尿路結石ができると尿の色がおかしくなったり、トイレでうずくまったり、お腹を触ることを嫌がるなどの症状がでてきます。さらに悪化すると何日もトイレに行かなくなり、命の危険もありえます。メディファスは尿路結石ができないように尿の数値を調整し、結石の原因となるマグネシウムの量を調節しています。成分表を見てみると、マグネシウムの量は標準値となっているので対策はできています。しかし、「尿の数値を調整している」とのことですが、具体的な数値は記載されていませんでした。尿路結石を対策したフードには基本的に数値も細かく記載されています。尿の数値やマグネシウムの量を調節する配慮は見受けられますが、安心して愛猫に与えるために、もう少し具体的な数値を記載してほしかったです。
詳しくはこちら
ロイヤルカナン
「ロイヤルカナン」はペットフード業界で有名で犬か猫を飼っている人なら一度は聞いたことがあると思います。フードの種類は病気や飼育環境、年齢、個性と幅広くあり、愛猫の状況にあわせて選ぶことができます。今回、その中から格付けをしたのは室内で生活する成猫用”インドア”です。室内で暮らす猫用として販売されていますが、室内と室外関係なく猫の健康にふさわしくない添加物「没食子酸プロピル」が使われていました。没食子酸プロピルは非常に強力な酸化防止剤で、動物性油脂やチキンミールなど、”低品質な原材料”の酸化を防ぐために使われます。あまりの強力さに海外では使用する量を制限しているところもあります。没食子酸プロピルをラットに与える毒性実験では、変異原性や染色体異常など様々な症状がでています。この実験はたくさんの量を与えているものなので少量なら問題はないかもしれませんが、症状がでているのは事実なので愛猫に与えるのは心配です。公式サイトでは「安全性に問題ない」と回答していますが、それなら安全な天然の酸化防止剤を使ってほしいですね。
詳しくはこちら
jPスタイル(和の究み)
「jPスタイル(和の究み)」は健康・安全・美味しさの3つにこだわって作られた国産フードです。トータルボディケアとして販売されているだけあって、お腹や下部尿路、皮膚、被毛の健康維持、毛玉の排泄に配慮と幅広く対応しています。原材料を確認してみると、整腸作用のある乳酸菌や、皮膚被毛に良いとされる脂肪酸を含んだ魚類が配合されていたので確かに効果は期待できます。しかし、それ以外の下部尿路と毛玉の効果には期待できません。下部尿路の健康維持のためにマグネシウムの量を少なくしているそうですが、保証成分には表記されておらず、効果がどれほどあるのか分かりません。毛玉は排泄をサポートするために食物繊維を配合しているとのことですが、ビートパルプという栄養価のない食物繊維が配合されていました。それ以外にも食物繊維を含んだ穀類が主原料に使われているので、食物繊維の配合量がとても多く思えます。肉食の猫にとって食物繊維の消化は得意としておらず、多ければ便秘や下痢の原因にもなります。評価できるところもあるだけに猫の体のことをもう少し考えてほしかったですね。
詳しくはこちら
パーフェクトフィット(※販売終了)
パーフェクトフィットは販売終了しました。
ユーカヌバ(※販売終了)
ユーカヌバは販売終了しました。
ワンフー(※販売終了)
ワンフーは販売終了しました。

格付け評価【E】

アイムス
「アイムス」は美味しく健康維持ができるように考えて作られたフードです。様々な状態の猫に合わせて、インドアキャット(室内猫)用や、体重管理用、毛玉ケア用と種類がたくさん販売されているので、愛猫に合ったフードを見つけることができます。今回はその中から「インドアキャット用」を格付け評価しました。室内で暮らす猫は運動する場所があまりなく、対策をしなければすぐに肥満になってしまいます。アイムスは運動量が少なくても太らないように、満腹感から食べる量を減らすことができる”食物繊維”を配合しています。肥満対策以外にも、猫によくあるトラブルの1つ「毛玉」のケアがされています。猫は毛づくろいをしたときに大量の毛玉を飲み込んでしまいます。毛玉を飲み込んだままにしておくと、最悪の場合は「尿毒症」という病気になって命を落とす可能性もあります。そのため対策されていることは評価できます。しかし、発ガンの可能性のある添加物や、アレルギーになりやすいトウモロコシ、家禽類という低品質な肉類の使用など、猫の健康維持にふさわしくないものが使われていました。室内猫用に工夫されているだけに少し残念です。
詳しくはこちら
懐石
「懐石」はペットフード業界で有名な日清ペットフードから販売されている商品です。多くのフードは一袋で一つの味となっているので相当良い商品でなければ猫の食いつきも段々と悪くなっていきます。しかし、懐石は一袋に4種類の味が入っており、猫は飽きることなく食べ続けることができます。味は猫の大好きなかつお節をベースにかにかま、小エビ、小魚、しらすと、どれも猫が好きな味となっているので食いつきに期待ができます。味ごとに小分けにしているので、風味が混ざることもなく、いつでも新鮮な状態で食べることができます。キャットフードは生ものと同じなので、新鮮さを保てることは評価できます。次に原材料の確認をしてみると消化不良、アレルギーになる可能性の高い穀類を主原料に、品質の悪い肉で有名なチキンミールが使われていました。魚介類をメインとした味になっているそうですが、主原料には穀類が使われており、本当に味を感じることができるのか疑問です。健康面と食いつきの両方が優れているようには思えず、愛猫に与えるのは少し心配です。
詳しくはこちら
カルカン
「カルカン」は毎日おいしく食べることができ、栄養バランスにもこだわった商品です。毎日おいしく食べるために、猫が好きなカツオと野菜味となっています。ドライフードは一度開封すると酸化による劣化がはじまります。しかし、カルカンはいつでも新鮮な状態で食べられるように小分けパックとなっているので、劣化の心配はありません。フードが酸化して劣化すると愛猫は食べなくなってしまいます。仮に食べたとしてもお腹を壊す可能性があるので、小分けパックは助かります。栄養バランスを整えるために、骨や筋肉の材料となり強化する役割のあるタンパク質やミネラルが配合されています。さらにマグネシウムの含有量を調節することによって、猫に多いトラブル「尿路結石」の形成にも配慮しています。カルカンの食いつきには期待できそうですが、原材料を見てみると保存料や着色料など、猫にとって不要な添加物がたくさん使われていました。保存料に使用されているソルビン酸Kは毒性があると言われていて、食べ過ぎると遺伝子の変異原性や染色体異常を引き起こすかもしれません。小分けパックは親切ですが、もう少し健康面にも配慮してほしいところです。
詳しくはこちら
キャトリート
「キャトリート」は製法とトッピングにこだわることによって、好き嫌いが激しい猫でも食べられるグルメ仕立ての製品です。猫の食いつきにとてもこだわっており、味は猫が大好きな”かつお節”の味に仕上げ、粒の形は全ての猫が食べやすい薄型になっています。食いつき以外にも食物繊維を配合することによって、お腹に溜まった毛玉を吐き出せるよう工夫されています。キャトリートは全年齢対応となっているので、一週間かけて行う面倒なフードの切り替えを行わなくても大丈夫です。ただ、幼猫から老猫まで安心して与えられるのか詳しく調べてみると、完全肉食の猫と相性が悪い穀類が主原料に使われていました。猫は味覚で食事を楽しむよりも匂いで食事を楽しみます。かつお節は風味が強いので確かに食いつきはいいかもしれませんが、かつお節が使われていなければ恐らく食べていないと思う内容です。重要な肉類や魚介類には廃棄するような部位が混ぜられているミール系がたくさん使われ、本当に全年齢楽しめるのか少し心配です。フードの切り替えをしなくてもいいことは評価できますが、安心して与えるのは難しいですね。
詳しくはこちら
キャネット
「キャネット」はキャットフードで国産品第一号として販売された歴史あるフードです。お肉とお魚をミックスしたもので、ビーフ・チキン・白身魚味と、様々な味を楽しむことができます。健康面では、尿路結石ができる原因のマグネシウムを調節することによって猫の下部尿路の健康を維持します。また、病気だけではなく、元気で活発に動けるようにアミノ酸が豊富に含まれたビール酵母を配合しています。アミノ酸は体の筋肉や骨などの成分となるタンパク質を作る役割があります。つまり、アミノ酸のおかげで体の健康を保てているといっても過言ではありません。実際に原材料を確認してみるとビール酵母だけではなく、ビタミン類やミネラル類といった健康に欠かせない栄養素が入っていたので評価できます。しかし、良いところだけではなく、残念なところもありました。なにより残念だったのが、原材料の表記に”等”が多く使われていたことです。キャネットでいうと「豆類(おから、脱脂大豆、等)」と表記されています。これ以外にも肉類や穀類、魚介類にも”等”と表記されています。これでは、他に何が使われているのか分かりません。キャットフードは人間の食品ほど法律が厳しくなく、危険な原材料が使われていることもあります。原材料に不明な点が多いので、愛猫に安心してご飯を食べさせるのは難しいですね・・・。
詳しくはこちら
キャラット
「キャラット」は様々な味と粒の形を混ぜることによって、食感と味に飽きがこないフードに仕上がっています。食いつきだけにこだわっておらず、微粉砕原料という通常よりも細かい原料を使うことによって消化しやすくしたり、グルコサミン配合による関節の健康維持など、猫の健康にも配慮されています。なによりもキャラットはコスパがとても優れています。3kgが750円と驚きの値段で購入することができます。1kgあたり250円と格安で、「多頭飼いしているご家庭におすすめです」と言いたいところですが、原材料をチェックしてみると、完全肉食動物の猫とは相性の悪い穀類を主原料に、チキンミールや動物性油脂など、あまり猫に与えたくない原料が使われていました。微粉砕原料を使うことによって消化しやすくなっているそうですが、主原料に使われているのは下痢や嘔吐といった消化不良を起こす可能性のある穀類なので、与えるのは心配です。消化不良を起こさなくとも、チキンミールや動物性油脂、穀類はアレルギーになるかもしれません。価格はとても安く魅力的ですが、愛猫の健康を考えるなら他のフードのほうがいいかもしれませんね。
詳しくはこちら
銀のスプーン
「銀のスプーン」はオムツなどで有名な企業ユニ・チャームが販売しているフードです。誰もが知っている、聞いたことのあるユニ・チャームが販売しているということで期待して格付けをしてみましたが、E評価と残念な結果になりました。使用している原材料のなかに、膀胱ガンになる可能性がある着色料やチキンミール、ポークミールといった粉状に加工された低品質な肉類が含まれ、愛猫に与えるには心配です。銀のスプーンで一番気になったのが「油」です。フードの鮮度を保つ、食いつきを良くするといった大切な役割がある油ですが、原材料の表記は「油脂類」だけで、どんな種類の油を使っているのか不明です。キャットフードの油には様々な種類があり、なかには”使い古した油”として有名な「動物性油脂」もあります。そのような低品質な油もあるので、きちんと、何からとれた油なのか、種類を明記してほしいところです。口コミでは「価格が安い」「食いつきが良い」と高評価でした。価格や食いつきも大事ですが、愛猫に安心して与えることのできる原材料を使ってほしいところです。
詳しくはこちら
銀のスプーン(三ツ星グルメ)
「銀のスプーン(三ツ星グルメ)」は最上級の食事が楽しめることを目的としたフードになっています。猫が大好きなマグロやかつお節など5種類の魚を配合することによって美味しさをよくします。また、味だけではなく、食感も楽しめるようにカリカリのマグロが入っています。通常のフードは一度開封してしまうと空気に触れ、酸化による劣化が起きるのですが、銀のスプーンは小分けパックになっているので、いつでも新鮮な状態でフードをあげることができます。魚以外に何が使われているのか原材料をチェックしてみたところ、残念なことに魚が主原料に使われていませんでした。これでは愛猫が魚の味を感じられるか疑問です。美味しさ以外にも、アレルギーやガンが発生する可能性が報告されている着色料、下痢や嘔吐を起こす穀類を使うなど、健康にも配慮されていませんでした。美味しさにこだわるのも大切ですが「添加物を使わない」「穀類の量を減らす」など、愛猫の健康にもこだわってほしかったです。
詳しくはこちら
ゴールデンネックス
「ゴールデンネックス」はヘルシーに仕上がっているフードです。カツオ、マグロ、小魚の3種類の味を混ぜることによって、愛猫の食いつきをよくします。また、粒の形を小さくすることによって、種類を問わず、食べやすくなっています。原材料を確認してみると、主原料に大豆ミールなどの豆類が使われていました。豆類はタンパク質が豊富ですが、猫は完全肉食動物のため、豆などの植物性タンパク質よりも、鶏や豚などの動物性タンパク質を摂るほうが好ましいです。その肝心な動物性タンパク質はミートボーンミール、チキンミールと低品質な肉類でした。ミールとは粉状に加工されたもので、チキンミールだと、このときにトサカや羽などの副産物も混ぜられている可能性があります。チキンミールよりも問題だといえるのが”ミートボーンミール”です。簡単にいうと肉骨粉です。つまり、骨を粉々に砕いたものです。それも何の動物が使用されたものかわかりません。例えば、病気に侵された動物が混ざっているかもしれないのです。身元がわからない動物の骨が混ぜられたキャットフードを愛猫に与えるなんて到底できません。さらに問題は肉類だけではなく、添加物にもありました。保存料として使用している”プロピオン酸”は人間が食べると胃痙攣や嘔吐するといわれています。原材料がこの内容だと、体が小さい愛猫に与えるのは不安ですね・・・。
詳しくはこちら
コンボ
「コンボ」は美味しさと栄養にこだわり、厳選した素材を使用した製品です。美味しさを向上させるため、まぐろやカニカマ、小魚を混ぜています。それらを混ぜることによって、愛猫がフードの味に飽きることもありません。栄養面ではクランベリーやオリゴ糖を配合するなど、お腹と下部尿路の健康に配慮した栄養設計となっています。ただ、原材料には着色料やチキンミールなど、猫の健康維持には相応しくないものが使用されていました。着色料を摂りつづけるとガンやアレルギーの発症、チキンミールも同じように食べ続けると涙やけやアレルギーを引き起こす可能性があります。美味しさにもこだわっているとのことでしたが、このような原材料では食いつきも期待できません。栄養設計としてクランベリーやオリゴ糖の配合はよかったのですが、健康面への配慮をもう少しして欲しかったですね。
詳しくはこちら
シーバ
「シーバ」は美味しさにこだわることによって、抜群の食いつきを実現したフードです。素材の段階から独自の厳しい品質基準を設けることで、より旨みを引き出せるようになりました。また、粒の形を猫の口に合わせ、ふっくら仕上げることによって食べやすくなっています。シーバの特徴紹介は美味しさ以外書いておらず、病気へのケアがしっかりとできているのか分かりません。美味しさも、もちろん大切ですが、愛猫に健康で長生きしてほしいと願うなら、病気へのケアも欠かせません。原材料の品質が良ければ病気のリスクも低くなりますが、残念なことに使われているのは、羽や足などの副産物を含んだ肉類でした。副産物を含んだ低品質な肉類を長期に渡って与え続けると、アレルギーや涙やけなど、発症のリスクが高まるので注意が必要です。食いつきを追及するために素材の段階からこだわっているみたいですが、病気を引き起こすかもしれない肉類で本当に食いつきがいいのか疑問が残ります。もう少し原材料にもこだわってほしかったです。
詳しくはこちら
スペシフィック
「スペシフィック」は猫がかかりやすい病気によって種類が分けられており、それぞれにあった治療を目的とした猫用療法食です。様々な種類がある中で、今回格付けしたのは尿路結石や下部尿路疾患に配慮した”FCD”です。尿路結石とは膀胱や尿道に結石ができる病気です。結石ができると血尿が出たり、痛みから元気がなくなるなどの症状がでます。尿が出なくなると、最悪の場合は尿毒症という病気になり、命の危機にも関わってきます。猫の病気の中でも尿路結石は特に発症率が高く「一生に一度はなる病気」ともいわれているため注意が必要です。本当に尿路結石に配慮しているのか、治療はできるのか原材料をチェックしました。その結果、尿路結石の原因であるリンやマグネシウムは制限されていたので、配慮はできているといえます。しかし、詳しく見てみるとアレルギーを引き起こしやすいトウモロコシと小麦が使用されていました。また、他にもガンや染色体異常などを引き起こす可能性のある合成酸化防止剤BHT、BHA、没食子酸プロピルが使用されていました。スペシフィックは治療を目的としたフードですが、アレルギーやガンといった別の病気になっては意味がないので、あまりおすすめできません。
詳しくはこちら
スマック
「スマック」は愛猫の健康維持を目的として、30年以上販売され続けているロングセラー商品です。健康維持を目的とし、口腔、尿路結石、毛玉(ヘアーボール)の3つに力を入れています。日頃のブラッシングが不十分だったり、毛が多い猫だと毛づくろいをしたときに大量の毛を飲み込んでしまいます。少量であれば猫自身で胃の中に溜まった毛玉を吐き出す、または便と一緒に排出されます。しかし、なかには吐くこと、便と一緒に排出することもできない猫がいます。そのような猫のために毛玉ケアができるのは助かります。毛玉の排出には食物繊維が有効ですが、食物繊維は消化に時間がかかるため、腸が短い猫とは相性がよくありません。少量であれば腸内環境を整えるなど良い効果も期待できます。しかし、量が多くなればなるほど下痢や嘔吐といった消化不良を起こす可能性が高まります。原材料を確認してみたところ、なぜか食物繊維がたくさん含まれた穀類が主原料に使われていました。健康維持のために配慮しているのはわかりますが、もうすこし全体的なバランスを考えて配合してほしかったです。
詳しくはこちら
スーパーゴールド
「スーパーゴールド」は健康によいとされている機能性成分を配合したプレミアムフードです。機能性成分とはタンパク質やビタミンといった必須栄養素とは違い、生きていくうえで必須ではない成分です。しかし、摂取すれば健康維持の効果に期待できるので、摂れたほうが愛猫の健康にも好ましいです。機能性成分には食物繊維とファイトケミカルの2種類に分かれます。食物繊維だとセルロースやイヌリンなどがあげられます。ファイトケミカルにはチコリ酸や乳酸菌、納豆菌などの種類があげられます。スーパーゴールドに入っていた機能性成分は「セルロース、イヌリン、乳酸菌」などたくさん入ってました。そのため、愛猫の健康にいいといえます。しかし、それはあくまで機能性成分だけの話です。原材料を全て確認してみると、低品質な肉類として有名なチキンミールや消化の苦手な穀物がたくさん使われていました。機能性成分を配合しているのは評価できますが、そこにこだわる前に、健康維持のための重要度が高い肉類や穀物にこだわってほしかったですね。
詳しくはこちら
ねこ元気
「ねこ元気」は愛猫がとびつくほどの美味しさにこだわった製品です。食いつきをよくするために「まぐろ、かつお、白身魚」の3種類の魚がミックスされています。サクサクとした新食感の粒にすることで、食感も楽しむことができます。ここまでの内容だと、食いつきに期待できそうだったのですが、実際に使用されていたのはアレルギーや消化不良になりやすい「穀類」を主原料に、低品質で有名な「ミール系の肉類」が使用されていました。ミール系の肉類とは、その動物のお肉以外の部分を指します。たとえば、チキンミール(鶏)なら、くちばしやトサカ、羽などの副産物が粉状になって混ぜられています。この副産物は本来なら捨てる部位のため、食べ続けるとアレルギーや涙やけの原因になる可能性があります。ミール系全てが副産物を混ぜているかというと、そうではありません。なかにはミール系を使用していても、公式サイトで副産物は使用していないと否定している販売会社もあります。見分け方は難しく公式サイトで確認するしかありません。ねこ元気は副産物不使用と記載されていないので、あまり品質に期待はできません。
詳しくはこちら
ねこ姫
「ねこ姫」はグルメな猫でも満足して食べるほど食いつきにこだわったフードです。香りが豊かな焼津産(やいづさん)のかつお節を配合しているので、匂いに惹かれて食べることに期待ができます。焼津は静岡県の中部に存在する市で、漁港を中心に発展しています。焼津はかつおとマグロの水揚げ生産量が全国一位になるほど盛んなため、かつお節の品質には期待ができます。食いつきだけではなく、皮膚や関節に効果が期待できるフィッシュコラーゲンを使用することによって体の健康にも配慮しています。しかし、使われているのは体に良いものばかりだけではなく、猫にとって全く必要のない着色料が使われていました。使われている着色料”クロレラ”と”紅麹”は赤色〇号や青色〇号などに比べて、そこまで危険性は高くありません。クロレラは緑藻の一種で危険性は確認されていないので安全です。紅麹は短期間摂取をしても急性毒性にならないことは確認されていますが、長期間の摂取はデータがなく、人によっては危険ともいわれています。安全性が未知数の着色料が使われているのでおすすめはできません。
詳しくはこちら
フリスキー
「フリスキー」は猫が必要としているもの全てが入った製品です。マグロやカツオ、サーモンといった美味しい魚の素材を配合することによって愛猫の食欲を高めてくれます。新鮮な水と、このフードを与えるだけで健康な毎日を過ごせるようにペットフード公正取引協議会が定める総合栄養食としての基準を満たしています。しかし、残念なことに栄養の基準は満たせていますが、使われている原材料があいまいになっていました。主原料の穀類と2番目に多く含まれている肉類の原材料名に、”〇〇等”と記載がありました。この”等”の部分になにが入っているのか分からず、愛猫に与えるのは心配です。猫によっては表記がない部分にアレルギー源があるかもしれません。もしアレルギー源があれば、この原材料の表記ではなにが原因で発症したのか分からず治療も大変です。これは私たち人間の食品ではありえないことです。もし、私たちが普段食べている食品の中によく分からない原材料が含まれていたらどうでしょうか。もちろん食べたくないですよね。それと同じように愛猫にもきちんと原材料表記されているキャットフードを与えてあげましょう。詳しくはこちら
ミオ
「ミオ」は猫が大好きな魚(まぐろ・しらす・小魚)を使うことによって、食いつきを向上させたキャットフードです。コンビニやスーパーなどでも購入できることから知名度はキャットフードの中でも高いと思います。食いつきだけではなく、猫に多くみられる下部尿路へのトラブルにも配慮しています。下部尿路のトラブルで最も多いのが尿路結石です。尿路結石は「一生に一度は発症する」といわれるほど発症率が高いので配慮しているのは飼い主として助かります。安全性について原材料を見てみると穀類を主原料に、肉類、油脂類、魚介類の順で配合されていました。完全肉食動物の猫のエサに穀類が主原料に使われていることも気になりますが、食いつきを向上させるために使っている魚の量が何よりも気になります。パッケージでもまぐろ・しらす・小魚味と表記されているのに、実際は主原料に使われていませんでした。正直、”穀物主体のキャットフード”と呼べる代物です。本当に愛猫がお魚の味を感じられるのか疑問です。詳しくはこちら
モンプチ
「モンプチ」は種類が豊富で猫の好みにあった味を選ぶことができるキャットフードです。今回調査したのは”5種のブレンド、マグロ、カツオ、タイ、大麦、海藻味”です。最高の美味しさを出すために厳選したこれら5種類をベストバランスで配合することによって食いつきをよくします。また、天然の食物繊維を使用しているので猫の体に負担なく、胃の中に溜まった毛玉を排出することができます。それを踏まえて厳選された原材料をチェックしてみたところ、肉食動物の猫にとって全く必要のない大麦を含めた穀類が主原料に使われていました。何よりも残念だったことは、海外では使用禁止している着色料が使われていることです。このフードに使われている着色料はガンやアレルギーを引き起こす可能性があるので、愛猫に安心して与えることはできません。詳しくはこちら

愛猫にぴったりのキャットフードは見つかりましたか?

Fotolia_70326605_Subscription_Monthly_M-599x399

「愛猫が食べているキャットフードがない・・・」

このような場合はお問い合わせ頂ければ、個別に調査いたします。その上で、あなたの愛猫にぴったりのキャットフードをアドバイス致します。気軽にご相談ください。(※お問い合わせはこちら)

とにかく愛猫の体に合ったキャットフードが知りたい!

手っ取り早く“安全で安心できる良質なキャットフード”が知りたい方はこちら↓を参考にしてください。

⇒ 管理人イチ押し!おすすめキャットフードはこちら

どのキャットフードを選んだらいいかさっぱりわからない・・・

5bb1116a072eaebae9a6fa3ba300e554_s

愛猫にぴったりなキャットフードを選ぶのは悩みどころ…。毎日食べるものなので、出来るだけ愛猫が健康で長生きできるようなキャットフードを見つけたいのと想うはずです。

何よりキャットフード選びに失敗してしまうと、愛猫の体調が崩れたり、病気になったりして大変なことになります。手遅れになってから後悔するのも嫌ですもんね…。

そんなあなたのキャットフード選びに、必ず参考になってくれる内容はこちら↓で紹介しています。これを読めばキャットフード選びに失敗することもなくなると思いますよ(*^^)v

⇒ キャットフード選びに迷ったときはこちら

愛猫の好み・ライフステージ別に探したい方はこちら

lgf01a201408251900

ジャンル別におすすめのフードが探せるように一覧にまとめました。愛猫の好みやライフステージに合わせて選んでみてください。

⇒ 【ジャンル別】おすすめキャットフード一覧はこちら

愛猫に”ぴったり合う”おすすめキャットフードが知りたい!

img59440886

人気猫種からめずらしい猫種までの基本的な情報(特徴・性格・かかりやすい病気)を踏まえた上で、“猫種別におすすめキャットフード”が探せるようにまとめました。

あなたの愛猫にぴったり合ったキャットフードを選ぶときの参考になると思いますよ(*^^)v

⇒ 【猫種別】おすすめキャットフード一覧はこちら

 

キャットフード選びに迷った方へ

キャットフード選びに迷ったときは?

あらゆる面において優れたキャットフードを3つ厳選しました。
キャット選びに悩んでいる飼い主さんに一度試してほしいです。

【決定】おすすめキャットフード3選

愛猫にぴったり合うキャットフードが知りたいときは?

愛猫のライフステージ(年齢)や健康状態、
好みなどから最適なキャットフードがわかります。

ジャンル別おすすめキャットフード